: サンタクロース・シンドローム!?

 さて、サンタクロースなんていない。というのは小人のセリフか?大人のセリフか?

 昨今の、あるある事件や、古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでしたなどの事件、そして、ホストやキャバやギャンブルに入れあげる人たち、古くは、オイルショックなどなど、惑わされている人たちを見ると、たまに、サンタを信じているからだよと思わなくもない。

まず最初に言っておくべき事がある

 ここで言いたいことは、サンタを信じるとか、信じないとかサンタクロースとは深くは関係していない。ただ、サンタクロースを信じるか?という所から初めて、物事を疑う姿勢は良いことか?という所に着地するための入り口である。
 したがって、子供の夢を守ろうとかそういう観点はこの文章には存在していないが意図的である。また、サンタがいるとかいないとか述べたいわけではないので注意して読んで頂きたい。

自分に都合の良いことを盲目的に信じるのは害悪である

 ・いつか、サンタさんが僕の所にやってきて、僕を救ってくれる
 ・いつか、王子様がやってきて、私を連れ去ってくれる

 ・食生活に気をつけなくても、この薬さえ飲めば痩せる
 ・古紙は100%の方が環境に優しいと思うから調査しなくても優しい
 ・(ホストやキャバの)彼(女)は私だけは特別に愛してくれている

 世の中、自分に都合の良いことを盲目的に、調査なしで信じる人がいる。そしてその後裏切られるという言葉が『信じていたのに裏切るなんてヒドイ』
 おいおい、ちょっと待ってくれよ。信じるという事は『裏切られもかまわない事を覚悟する』という事であって、『裏切らない約束』ではないんだよ?

世の中には2種類の人がいる

 一つは、最近多い、メリットだけを説明するタイプ。あなたに都合の良いことだけを述べて、都合の悪いことはサラっと流し、これはオススメです。という人たち。

 もう1つは、目に付くところにデメリットを並べ、メリットと比較した上で、選んで下さい。という人たち。

 よく考えて欲しい、自分にとって都合の悪いことから目をそらし、都合の良いことばかりを行ってくれる人の方に付く。それは、だれがどうみても、『怠慢』である。その結果が『裏切られる』につながるわけである。

 さて、酷いのは本当に、騙す方であろうか?もちろん、騙す方も酷い。しかし、騙される方も、懇切丁寧に真実を述べた方を信じなかったという意味で酷いという事を忘れないで欲しい。

サンタクロースを信じるか?

 自分に都合が良くて、理由もなしにプレゼントをくれる存在。それがサンタクロース。あなたは、そういう存在を信じるだろうか?
 もちろん、サンタ自体は害がないので、信じてもかまわない。しかし、物理的な検証をすることなく、自分に都合がよい事を盲目的に信じるという事を経験付けてしまうことは、教育上本当に良いのかどうか、一度考えてみるのもおもしろいかもしれない。

 サンタはいる、から始まって、あるある、はありえる。TVが言うから、信じる。などなど、
物事を盲目的に信じるクセが付いてしまうのかもしれない。

盲目的に信じる人が増えると、真実が減る

 真実というのは時として身にいたい。真実痩せるためには、食事をきちんとして、規則正しい生活を送って・・・etc,etc
 まっこと、身にいたい事がならぶ。しかし、真実というのは時としてそういう物である。この世の多くの物事には必ず、メリットがありデメリットがある。良薬口に苦しであったり、毒をもって毒を制すであったり、デメリットが存在しないことの方が少ない。
 にもかかわらず、メリットばかりに目先を向けて、デメリットを見ない人が増えると、誠実にデメリットを説明している人たちが淘汰され、結果として、デメリットは説明されなくなる。
 よく言われるのは『あるある』は見ている人がいたから、続いた。という事である。視聴者があの番組はうさんくさいと見ないという事を選択していれば、『あるある』は早期に終了していたであろう。

信じたことの責任を取れ

 人を信じるということは、その人に力を与えることである。たとえば、政治家などがわかりやすい。多くの人に信じられるとその人の力が増す。
 あるある、なども同じで多くの人に見られることにより、その力が増す。
 何かを信じると言うことは、権利であり。その権利に付随する義務を忘れるな!という事である。
 過去、オイルショックにしろ、米騒動にしろ、あるあるにしろ、多くの人が信じた事により事件に発展している。信じると言うことは受け身ではないのだ、信じた人がダメだったばあい、あなたも、その責任を取るべき連帯的な義務があるという事を感じるべきである。

詐欺の常套手段

デメリットはぼかしてメリットだけを提示する
騙しの常套手段です
かなり使い勝手がイイです(笑)
さて何を騙されているんでしょうね?

From:[BBS]

 という会話をとあるサイトのBBSの中でされた人がいて、あぁ、なるほどなと思った物です。

 相手のことを誠実に考えていれば、良いことも悪いことも全部伝えよう。と思う物です。甘いことだけを言う相手をどうして信じられるのか?

サンタクロース・シンドローム!?

 小人から大人になるということは、守られる存在から守る存在になるという事である。守られる存在であるうちは、物事を無責任に信じても大人が守ってくれる。
 しかし、大人になったらそうはいかない、世の中の詐欺・悪事から自分の身や仲間の身・子供の身を守っていく必要がある。
 政治家・弁護士・医者・マスコミ・ブログ。何をとっても無責任に信じて、仲間や子供の身を危険に陥れても良い物ではない。

 繰り返しになるが、信じると言うことは信じたことの結果に対して自分も責任を取るという事である。
 それは、仲間や子供の安全だったり、社会全体の問題だったりいろいろな事に影響していく。『信じていたのに』などという、自ら信じられるかどうか検証しなかった責任を相手になすりつけて、終われる事ではないのである。

 さて、あなたは、ここまで読んで、サンタクロースを信じられますか?。物事は小さな事から始まって、だんだん、大きな事に発展していく物です。
 サンタクロースの存在を自分の手で調べることなく、大人が言うから、みんなが言うから、と盲目的に信じさせるクセを子供に付けさせても良いのですか?

 逆に、あなたが大人だとしたら、あなたが子供の頃に親は、よく分からないことに対して、一緒に真実を調べよう。真実は自分の手で調べないとわからない。親だって勘違いしているかもしれないしね。という。調べる事の大切さを教えてくれましたか?

 サンタクロースは夢のあることです。だからといって、盲目的に信じてもはたして良いのでしょうか?。盲目的に信じるというクセを子供に付けさせても良いのでしょうか?

 関連性が本当にあるのかどうかは知りませんが、昨今の大人達を見ていると、盲目的に物事を信じるクセが、まるで、サンタクロースを信じるかのように身に付いていることに疑問を感じえません。
 なので、あえて、サンタクロースシンドロームというタイトルで記事を書いてみました。
 サンタを信じることは良いことだとしても、そのデメリットちゃんと検証しましたか

広告


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.