: エスカレーターの事故 どうやら国が定義する安全基準が怪しい件

エスカレーターの事故が話題になっていますが、国が定める安全基準などは無いのでしょうか? 資料などがあれば教えて下さい。.. – 人力検索はてな

質問して回答をもらって、計算してみたのですが

P=2600A
P エスカレーターの積載荷重(単位 N)
A エスカレーターの踏段面の水平投影面積(単位 m2)
NからKgへの変換 1/9.80665倍
単位面積当たり 約 265kg
ステップが102x40cm=0.408m2
1ステップ当たりの耐荷重 265×0.408=108kg
ということで、二人乗りの耐荷重とすると1名当たり54kgが最低基準?


どこかに計算間違いがないとすると・・・二人乗りエスカレーターに、満員御礼の場合、一人当たりの体重が54kg未満でないと安全値を軽く超える計算?

成人男子 平均体重 – Google 検索

当たりで見ても、平均体重は60-70kg。普通に考えると、この安全基準ではまずいはず。

安全検査法の方では耐荷重は2倍以上となっているが、あくまでも検査法。とりあえず、135kg耐荷重という例のエスカレーターは国の安全基準は満たしてはいます。

なんだろう、計算間違いがありますか? それとも、法整備されたのがかなり昔で、日本人の平均体重がもっと軽かったころの話しですか?

Comment

  1. refrefref より:

    安全基準は最低限度の目安です。にもかかわらず、
    例のエスカレーターは、
    建築基準法施行令 第129条の12

    に反しています。

  2. 匿名 より:

    エスカレータは1ステップに一人ですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.