: 劇場版 Fate みてきた・・・ ダメだった

劇場版『Fate / stay night – UNLIMITED BLADE WORKS』オフィシャルサイト

もう、Fateも僕の心を癒してはくれないのかと思うと悲しくなった。

やはり2時間と言う枠の中にUNLIMITED BLADE WORKSを入れるのはむずかしかったようだ。必要なシーンすべてを入れるために1つ1つのシーンが薄っぺらく削ぎ落とされている。重要なシーンがあるものの深みがまったく無く、意味がない。

薄っぺらいオタ作品などいらん。かといってスイーツ向けかというと、原作を知らないとストーリすら理解できない飛ばしっぷりは相変わらず。

結局、誰向けかまったく分からない、無いよりはあった方が良いのだろうが、正直、悲しい。

どこぞの□な会社じゃないけれど、画力は上がった、シナリオ力は下がったってのが、正直なところか。

以後ネタバレにつき、続きからどうぞ






さて、もっともいただけないのが、キメのシーン。

UNLIMITED BLADE WORKSを使って、武器の貯蔵は十分か?とか、ほざくのに、カリバーンで剣技を持って戦いやがるwww

おまぇ、それなら、UNLIMITED BLADE WORKS唱える必要性まったくねーじゃねーか

他にも、エミヤvs士郎のシーンでも2種類の剣しか造っていない。
おそらく、何十種類もの剣を配置するシーンはあったので、何十種類もの剣を振るって戦うという活劇のノウハウというか、作画力がなかったんだと思われる。
正直、UNLIMITED BLADE WORKS不必要www

むしろ、発動させる前のほうが使ってる、というか、トレースオンした剣で活用した数は多かったwwww

この監督は作品の何をトレースしたのだろう。



同じようなシーンは沢山ある。キャスターvs凛のシーンも、普通に凛が殴りかかる、キャスターピンチで終わっている。
原作を知っていればどういう意味かよく分かるが、盛り上げもなければ何もない。単にキャスター弱しで終わる表現・・・意味ない。
尺が足りないのはよく分かるが、こんな薄いシーンを入れる意味もまた良くわからない。

最後に桜。ようするに、もう1回映画版作って桜ルートに繋ぎたいのだろうか?それとも、桜ルートは無いから罪滅ぼしなのだろうか?、桜の伏線が嫌すぎる。

タダでさえ尺が足りていないのに、桜までフォローして、全体が薄くなりすぎ。気持ちはわかるけど・・・。こんだけ尺が無いんだからバッサリ行って欲しかった

まぁ、というわけで、原作通りに進めているように見せかけておいて、原作のコアを外しまくるという作品でした。

正直、どうでもいい。

乾いた心が癒されない。そういう作品でした。

Comment

  1. Tsurumi より:

    同感です。
    戦闘シーンは演出、絵と動きで楽しめましたが
    それだけ・・・
    劇場版の意味って何?
    尺が足りないなら一般客なんかぶっち入りで
    話はしょっていいとろだけじっくり繋げば良いのに・・・
    奈須さんの作品が好きって人には
    辛い結果だと思います。

    口惜しい・・・

  2. 心は萌え(管理人) より:

    >Tsurumiさん
    ラストシーンの緑はよかったんですけどねー
    知らない人置き去り演出はどうにもー

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.