: エンジニアと喫煙

基本的にエンジニアはタバコを吸わないが
製品納品前など、必要に迫られて
自らの健康を守るために喫煙をした方がよい場合がある(でなけりゃうってない)
 
エンジニアの緊急回避としての喫煙方法について
 
可能な限りターボライターではなくZIPPOライターを使い、オイルのブレンド配合には気をつける
1本に火をつけた場合、スパスパ吸わず丁寧に吸うこと
なるべく口に加えて成分をしっかりゆっくり吸い込むこと
通常フィルターはパイプ状のものを使う必要はないデフォルトでいい
気分を落ち着け、吸っている最中はコーディングのことはわすれるようにすること
1回の喫煙は最大は連続で2本までとし可能な限り1本にすること
医薬品のたぐいであり、プロジェクトが終わったら喫煙もなだらかにやめること
携帯用の吸い殻入れは色々売っている革のものがおすすめ。オシャレ感は大事
あくまでも緊急回避であるから、周囲の人に迷惑をかけないようルールを守ること
エンジニアの場合最近の喫煙室はあわないので、古い喫煙室かエンジニア向けの喫煙室を使ったほうが良い
 
エンジニアはその持ち前の研究者肌からオイルのブレンドなどを気にしすぎるが
あくまでも、精神的なストレスの回避策なのでこだわりすぎず、可能な限り市販品を使うこと
エタノール等は余計な事故につながるためライター用オイルのほうが良い

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.