: : デスマーチ(トラブルプロジェクト)はなぜおきるのか?(2)

たとえば、ビル設計の場合
プロが1億で設計するビルは 素人はいくらで設計できるだろうか?
ITの場合 この答えは100億つかってもできない場合がある である。
だから 人が死ぬ デスマーチとよばれる。
耐震偽装がビルで問題になったように
機能不足に始まり拡張性不足、考慮不足 ETC いまでこそノウハウが各業界にいきわたったからおき得ないが
むかしはこういうトラブルがあったのである。
 
十分につくりこまれた設計
それは料理のコース料理のように
きちんと考えられたメニューなのである
 
実物のビルなどの設計の場合目に見えるがゆえに、わかりやすいく感じるが
ソフトウェアの場合理論だけで目に見えないため危険性がつたわらないことがあるのがくやしい

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.