: : デスマーチ(トラブルプロジェクト)はなぜおきるのか?(4)うかつなテレワーク

私たちのテレワークブームは、それこそ2004年ぐらいだったわけだが
デメリットが理解されにくいというのはある
なにより、できるエンジニアにとってデメリットはあまり無いのでこれが誤解されやすい
 
私たちがテレワークで困るのは、後輩や部下の問題が大きい
会社で仕事をしている場合
後輩たちが悩んでも、すぐに気がつきそばにいてやることができるが
若いエンジニアがテレワークで働いていると
発見が遅れることがある。
一人ぼっちで、自宅などでえんえんと若い子悩んでノイローゼ避けたいものである。
 
経験が浅いエンジニアが何ヶ月も悩んでいる
ベテランがすこしアドバイスを入れてやる
1ヶ月もしないで問題が解決することもある
これがむずかしい
実際そのわずかなアドバイスは、
何ヶ月もの観察や若い子が書いたソースを読み込んで
研究した上で、だすものだから結構な角度とコストがかかったものである。
これがテレワークで若い世代が悩んでいてもできにく
これが先輩世代問いところ
 
わかいこに、いいところをみせるための
短いアドバイス
実態は 結構調べてある先輩の苦労
こういうものがテレワークだとベテランエンジニアの負担が増える
これが問題である

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.