: 逮捕者を出したスクレイピングというハッキングと過去を学ぼう

むかし、図書館へのスクレイピングハッキングとしてタイヒョさを出したことで有名になった事件がある。
オンライン上の図書館データに対して過剰なボットからのアクセスを行い
スクレイピングとして逮捕者が出たインターネット事件である。
 
脆弱性というものはインターネット上のそこここにあり、
ちょっとしたことでデータが漏洩したりしてしまう
 
とはいえ、過剰なボットアクセスは過負荷を招き
攻撃と言えるとしても
なにが過剰であるか?というのは
人それぞれ違う場合があり
我々プログラマーの自衛も重要であると 教えてくれた事件である

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

注意(NOTICE)

コメントの投稿は反映までに時間がかかる場合があります。 Post Comments may take some minutes to publish.