バハムートは言った フレア!

リバイアサンはいった 海底100万マイル・・・超重量が 12枚めの壁をぶちやぶる・・・
弾丸特急で バハムートはその壊れた壁をぶち破る
 
バハムートは言った フレア! 魔力のすべてを 小さな1点へと 集中させる 超魔力の収束 超加速の援助
わずかに穴が開く
そこに自らの巨体を弾丸としてドリルとして
ねじ込んでいく
クビだけが壁をなんとか抜けるほどの 小さな穴
 
最後の 13枚目の防壁は バハムート と召喚獣たちの援助でも 壊せない
わずかな 穴を あけるのが 精一杯
 
ぺっ バハムート は 口の中の物をつばとともに 吐き出す
飛沫を 吐き出すバハムート・・・
 
1滴のつばは 最後の防壁をくぐり抜け コア へと たどり着く
べちゃ・・・
 
汚らしい音が ただよう
 
少女が言う キス・・・
 
次の魔術が 発動を始める・・・
無限の失敗作 アンリマユの使う宝具に似ている
 
ここには英雄はいない
廃車が眠る場所 それが アンリマユ
 
彼の魔術
有限の失敗作たち
 
生きている限り 失敗を続ける という 呪い
 
迎え撃て 失敗作 気がついた英雄たちが 戻ってくる こんどは攻め込んでくるぞ この城に
英雄を 迎え撃て 失敗作
 
天を見よ!私の失敗作たち
 
アンリミテッド・フールマン かれならたどり着くのはここ
 
無限の挑戦者
レイズでっとではない
アンリミテッド チャレンジ あー
セイブ あー
と同じ
あーは ぬけたかんじで あ~って感じで発音

“バハムートは言った フレア!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。