now maintainance mode
 now maintainance mode2-5

つまり 飲食店が過小ではなく飲食店が競争状態になるということは
その地域に牽引産業が不足しているということを示している。

言い方を変えれば牽引産業の方が多い場合、オフィスでの昼食競争が巻き起こり
飲食店に行列が発生するのですぐにわかる。

つまり昼食を提供している飲食産業が競争状態に陥るという事は
その地域一帯の牽引産業が衰退しているといえる

DockerのAPIをTCPで待受させる – Qiita

change config(FAILED)

or easy rewrite

DockerのAPIをTCPで待受させる – Qiita

EMRの対抗技術でECSをみて3週間
ようやくやりたいことがスムースにできるようになってきた。

ひさしぶりにiPhoneを買いたくなった

ECR Amazon Elastic Container Registry

(ECR) is a fully-managed Docker container registry
思っていたのとは少し違い、やはり大規模向けかとおもう。
ECSとの連携を確認するが、やはり少々使いにくさは残る。
Dockerとは思った以上にはよく連携している。

ECS Amazon Elastic Container Service

コンテナ系サービス vCPU単位で実際に使う計算量を先に指定してコンテナを複数立ち上げるイメージ or EC2

大規模向けというのもあるのだろうが
個人にはとっつきにくさがある。
Dockerとは違うところが多いので、個人ならEC2かEMRとは思うが
EMRの対抗技術として、興味深く確認中
とにかくとっつきにくい
とはいえであるがゆえにブロガーとしては面白い

EMR

EC2のクラスタリングサービスでECSのEC2よりは使いやすさを感じる
とはいえしょっぱなでトラブルをくらい(その後は安定)
良し悪しはあるが難しい
EC2で複数台を借りるより割引があるので
並行演算で多数使うならいいかもしれない。

Amazon ECS タスクに Amazon ECR イメージリポジトリからイメージを取得することを許可する

補足 よくある事項

Task Lifecycle – Amazon Elastic Container Service
Amazon ECSのタスクで表示されるステータスについて
PROVISIONING
  ↓
PENDING
  ↓
ACTIVATING
  ↓
RUNNING

※ECSとECRの連動は結構手間、セキュリティー系を結構設定しないとImageのPULLに失敗する
Docker hubやプライベートリポジトリをEC2に立てたほうがスムーズな場合がある(調査 8h)

※ログの保存先がS3ではなくCloudWatchなのでパーミッションが必要

雑感

RedhatだったりUbuntuだったりLinuxの細かいディストリビューションの違いよる細かい違いに
苦労する。
1つ1つ原因を調べて対処するころにはメーカーが対処が終えて
やんなきゃよかった3週間みたいな悩みを抱える。

クラスタリングとはいわないけど負荷分散は昔からやっているエンジニアが
Hadoopという個別技術などを前提として

ロールの設定だったり、CloudWatchの設定だったり
それなりに手間なので、コンテナイメージの作成以外の
雑多なタスクは頼める人がいるならお願いするのが吉
 
EMR,ECS,ECRを2週間使ってみて感想を書く。
(あと1週間ぐらい調査が必要)
すると、思いもよらない話はいろいろ出てくるので、それについては下調べをして
技術職としてスキル対応したうえで、大丈夫そうか?とか将来性を加味すると
まぁ2週間ぐらい。

つかってみないとわからないとか
やってみてだめだと、気を取り直してまた明日とか 実際は1か月あると楽
 
簡単にサンプルがあったりすると動かなかった場合にメーカー問い合わせなどまで考えないといけないとなると3か月コース
※レポートにまとめて報告とかだと執筆作業で+2週間
簡単に雑感報告+αの見積もり

一時的なトラブルで npm install ijavascriptで カーネルがスタートしないケースがあるみたいで
こういうのをたとえばMSDNとかだと
メーカーに問い合わせができるんだけど サポート契約1個とられるんだろうなぁと

掲示板で聞いたら たすけあいだから無料
 
まぁ、ちょっと他の作業をしていて
そういえばと設定見直して、インストールやり直してすぐに解決はしたけど
 
やっぱりネットっていろいろ教えてもらえるからすごいなっておもった。

料金 – Amazon ECS | AWS

Amazon Elastic Container Service (ECS)
に2つの料金モデルがある。
1つは従来のEC2課金で 自分で好きなEC2を借りてそこで自分でクラスタリングを行う方法

それに対してFargate課金が追加された

大雑把に言うと
vCPU課金で 1024ポイントのCPU(1時間当たりの1vcpuの能力が 1024ポイント)に対して0.05USDぐらいの課金となっており
膨大な演算能力を10分だけかりたい のような Dockerクラスタモデル向きな課金方式となっていた

他方 EC2は t2.mediumなどは0.06USDとFargateよりも高いが 2vCPUあるなど使い方によってはFargateなどよりも安くなるが
使い方によってはFargateの方が便利となる(10台借りれば20vcpu)だが管理工数はEC2並み FargateはDocker並みで管理工数を気にすることなくvCPUを並列に借りられる

ちょっと調べ物をした。
バグが出ていて、バグのログが出ていて数百行のログが出るけどなにしてるかわからない。
2週間調べて
対処法とか
どうして?とか 他のOSでもでるか?とか
対処そのものは2数行だけど
じゃぁ、ほかのやり方は?とか調べると
対処法でA4 1枚
調査経緯や、影響範囲で A4 3枚ぐらい。
実費なら大したことないけど
外注に調査依頼をスポットで出したら
 
そもそも受けてもらえない。という話は置いておいて
たまたま運よくスポットで受けてもらえたら
実働2週間 見積もりだと 諸経費があるから 1人月 売値 スポット
企業同士だと5万10万とかいうはなしもあるけど
 
まぁ、リストプライスだと ざっくり1案件100万
特定のOSでしかおきない、特定の状況で
歴史的経緯とか、様々まとめて。ちょっとだしておわり。
 
MSレベルで自社商品でも 5万かそこら消える
OSSで調べてもらって対処法付き
対処法が公式パッチがなければ、調査機関のパッチが出てくるレベル。2週間
まぁ100万平均だろうなと(影響範囲の調査やパッチなしなら 2週間なら会社価格で数十万だろうなと)
2回目からはさくっととれるけど
初回はOSSだといろいろ調べなきゃいけないからな。そういう意味では1日で5万とかも多いのかもな
でもスポットで5万も困るだろう。
 
まぁでも原因調査って 2種間から1か月 ざっくり 100万なんだろうなぁと(企業ベース、個人なら)

4 sudo yum groupinstall “Development Tools”
5 git clone https://github.com/zeromq/libzmq.git

13 amazon-linux-extras install epel
14 sudo amazon-linux-extras install epel
15 sudo yum install npm

16 git clone https://github.com/notablemind/jupyter-nodejs.git
17 cd jupyter-nodejs
18 mkdir -p ~/.ipython/kernels/nodejs/
19 npm install && node install.js
20 npm run build
21 npm run build-ext

dudo yum install python2-pip
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib