now maintainance mode
 now maintainance mode2-5

4 sudo yum groupinstall “Development Tools”
5 git clone https://github.com/zeromq/libzmq.git

13 amazon-linux-extras install epel
14 sudo amazon-linux-extras install epel
15 sudo yum install npm

16 git clone https://github.com/notablemind/jupyter-nodejs.git
17 cd jupyter-nodejs
18 mkdir -p ~/.ipython/kernels/nodejs/
19 npm install && node install.js
20 npm run build
21 npm run build-ext

dudo yum install python2-pip
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib

料金 – AWS Fargate | AWS

per vCPU per hour 0.05056USD
per GB per hour 0.00553USD

Amazon EC2 (Linuxなど)サーバ単位の課金
Amazon Fargate(ECR) (Dockerなど) Anazon ECRをベースとしたコンテナ単位の課金

 
個人でサイトを運営していると
むかしはよく XX砲といって巨大サイトにアクセスされると
サイトが落ちることがあった。
 
最近は対処をしているからいいんだけど
回線費用とかは従量課金だから
あまりにも膨大なアクセスがあると、お金が飛んで行ってしまう。
(対してアフィリエイトが伸びるわけではない、伸びなくはないのだろうが
動画目当てとなるときびしいだろうな)
 
普段は広告費もあるし(アフィリエイト)
回線の従量課金なんて大した額じゃないから
まぁ、お小遣いで運営しているけど

さすがに動画配信を個人でやっていて、
あまりにもアクセスが火を噴いて炎上すると
その月は厳しいだろうな

revilogのデザインは左右に余白があるのが正解です。
CSSの解釈の問題で
詰めて表示するブラウザーが増えているため
どうやって余白を残すか研究中です。
なるべく1ページの文字数を減らすようにがんばっています!

そのため、メンテナンスモードになっています。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-metadata.html

http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-type

Amazon提供のgcc g++を使わない縛り
一応Amazon上で Centosで1度フルビルドする(クロスコンパイルエミュレート)

t3.xlarge

t3a.xlarge

おなじにならないのでOptimizeしくじったか
Configureに違いがあるか

しらべないといけない

OpenCVでできた。
retval = cv2.compareHist(H1, H2, method)

わかっちゃえば、簡単なんだけど わかるまでが大変だった

スパムくるし
ひどいこというひといるし

個人でブログやってコメント欄開けておく
やめちゃうひもおおい。
コメント欄 正直 嫌なことの方が多いんだ