now maintainance mode
 now maintainance mode2-5

渋谷式オタク少年復活ですか? なんのこと?
いやGoogleとか渋谷に来るらしいよ すげーな日本 はじまってんな

メンズだし
レディースみたいに丁寧にやってもらうひつようもないし
雑でもいいよ いつもんとこだし
ちょっと急いでたし
 
カラーしながらカットしてもらった
丁寧感はないけど 早くていい メンズだしありがたい。
 
もうとしだしな。クイックっぽくていい。
染めてる薬をつけてる間にカット 楽は楽でいい

はねたり、してるところを少し切り落としてもらって
毛量を調節
修正カラーだからなんだろうけど
切り終わる頃にはカラーも終わって
毛を払って終わり
 
 
ざつだろ、まったく。
 
ノーシャンプーだけになぁ・・・(こっちはおれが頼んだからけど)
またttaく美容室も クイックの時代かよ
 
美容室には丁寧に長い時間をかけてきってもらいたいもんだ

※ちょっと引いてくれたとはいえ
レギュラー料金と値段は同じなんだから、もうちょっとな。
SKEの新曲でも聞いてみみまわりヘッドホンでも確認するか

# coding: utf-8
# Your code here!
N=”
for n in range(8):
N = N + str(n) + ‘ ‘
print N

N=’0 1 2 3 4 5 6 7 ‘
print N

N=”
for n in range(4):
for m in range(2):
L=2*n+m
N = N + str(L) + ‘ ‘
print N

いうまでもないけど、スペースが増えていくほうのforはシンプルなのに対して
スペースが減るほうのforは2重ループになってる
なぜだろう?
 

※プロのプログラマーが書いています
※減るほうのforは1つでかけないのか? > かけます 上級問題としてどうぞ

# coding: utf-8
# Your code here!

#from 11inch monitor 106 keyboard sub note

N=7
S=”
for n in range (N):
R = S + ‘*’
S = S + ‘ ‘
print R

for i in range (N):
S=”
for j in range(7-i-1):
S = S + ‘ ‘
R = S + ‘*’
print R

keyword — Python キーワードチェック — Python 3.8.2rc1 ドキュメント

keyword.iskeyword(s)
s が Python のキーワードであれば True を返します。

keyword.kwlist
インタープリタで定義している全てのキーワードのシーケンス。特定の __future__ 宣言がなければ有効ではないキーワードでもこのリストには含まれます。 

$ python
Python 2.7.16 (default, Dec 12 2019, 23:58:22)
[GCC 7.3.1 20180712 (Red Hat 7.3.1-6)] on linux2
Type “help”, “copyright”, “credits” or “license” for more information.
>>> import keyword
>>> keyword.kwlist
[‘and’, ‘as’, ‘assert’, ‘break’, ‘class’, ‘continue’, ‘def’, ‘del’, ‘elif’, ‘else’, ‘except’, ‘exec’, ‘finally’, ‘for’, ‘from’, ‘global’, ‘if’, ‘import’, ‘in’, ‘is’, ‘lambda’, ‘not’, ‘or’, ‘pass’, ‘print’, ‘raise’, ‘return’, ‘try’, ‘while’, ‘with’, ‘yield’]

print [ 2*n for n in [1,2,3,4] ]
ANS:[2, 4, 6, 8]

A=” 1 2 3 4″
A=[int(n) for n in A.split()]
print A
ANS:[1, 2, 3, 4]

プログラムは一般的にはアルゴリズムで評価される
しかし、いくつかは実装屋とよばれる実装エンジニアの手にゆだねられる。
 
その説明のアルゴリズムがN=1,N=Big(Big Data)である。
 
たとえば、バケツソート、クイックソートという単純なアルゴリズムを比較した場合
一般的にはクイックソートが有利であるが
 
N=1においてはPow(2、N)が1になるという特殊解があり
Nの2乗のアルゴリズムが2N+Mのようにオーバーヘッドが大きいアルゴリズムに勝つことがある(N=2.3でも勝つ可能性はある)
N=Bigにおいてはご存知のように特殊解のかたまりである
 
このように 

アルリズムはアルゴリズム屋
実装は実装屋のように,一般には無視している誤差の値が無視できなくなり計算した結果答えが変わることがある
大きなプログラムは手分けがとても重要といえる

ソートアルゴリズムを例にすると N=1,Bigが典型的な特殊解となる (ように アルゴリズムには特殊解となる組み合わせがある)

  N=1のときはN*Nが1となることで2*Nよりもコストが少なくなる。

  またIFなどがコンパイル時最適化されることがある。

  N=Big BigDataなどで有名だがメモリがSSDに落ちるなどN次記憶装置の問題や分散処理の問題に式がシフトしていく

COM DLL HELLを解決するDLL検索とAPI検索の規格を統合したDLL呼び出しの規格(これを抑えておくことが重要)

  DirectXや.NETもCOMをベースにしている部分が多いためCOMを抑えておけばほぼ使える。

  DCOMなどは別解

  .NETはTLSの試験に気をつけること

Androidは古いバージョンが手に入りにくくなってきているので保存を忘れないこと。テスト環境にあるAndroidを誤ってVersionUPしないように

  N=Bigのときの例外となるがSDカードは各メーカーごとにテストする。(当然必要であればメーカー対応コードを書くこと)
https://anond.hatelabo.jp/20200125182703